RSP – さくら~あなたに出会えてよかった~

歌手:RSP
作詞:高野健一
作曲:高野健一

※『さくら さくら 会いたいよ いやだ 君に今すぐ会いたいよ』
だいじょうぶ もう泣かないで 私は風 あなたを包んでいるよ
『さくら さくら 会いたいよ いやだ 君に今すぐ会いたいよ』
ありがとう ずっと大好き 私は星 あなたを見守り続ける※

あなたに出会えてよかった 本当に本当によかった

ここにもういれなくなっちゃった もう行かなくちゃ ホントゴメンね
私はもう一人で遠いところに行かなくちゃ
どこへ?って聞かないで なんで?って聞かないで ホントゴメンね
私はもうあなたのそばにいられなくなったの

いつもの散歩道 桜並木を抜けてゆき
よく遊んだ川面の上の 空の光る方へと
もう会えなくなるけど 寂しいけど 平気だよ
生まれてよかった ホントよかった あなたに出会ってよかった

(※くり返し)

あなたに出会えてよかった 本当に本当によかった

あなたの帰りを待つ午後 あなたの足音 何げないこと
私はそう、一番の喜びを知りました
あなたが話してくれたこと 一日のこと いろいろなこと
私はそう、一番の悲しみも知りました

それはあなたの笑顔 あなたの涙 その優しさ
私の名を呼ぶ声 抱き締める腕 その温もり
もう触れられないけど 忘れないよ 幸せだよ
生まれてよかった ホントよかった あなたに出会ってよかった

『さくら さくら 会いたいよ いやだ 君に今すぐ会いたいよ』
だいじょうぶだよ ここにいる 私は春 あなたを抱く空
『さくら さくら 会いたいよ いやだ 君に今すぐ会いたいよ』
ありがとう ずっと大好き 私は鳥 あなたに歌い続ける

桜の舞う空の彼方 目を閉じれば心の中

『さくら さくら 会いたいよ いやだ 君に今すぐ会いたいよ』
いいんだよ 微笑んでごらん 私は花 あなたの指先の花
『さくら さくら 会いたいよ いやだ 君に今すぐ会いたいよ』
ありがとう ずっと大好き 私は愛 あなたの胸に

(※くり返し)

あなたに出会えてよかった 本当に本当によかった
本当に本当によかった
Continue reading

Sun Application Server 8.2 + Hibernate Gotchas!

For Hibernate to work in Sun Application Server 8.2, we need to change Sun App’s server.policy. Here is what we have to add:


grant {
  // Permission for cglib part of Hibernate framework
  permission java.lang.RuntimePermission "getProtectionDomain";
  permission java.lang.reflect.ReflectPermission "suppressAccessChecks";
};

In Sun Application Server 8.2 Platform Edition, this server.policy file is located at [Sun App Install Path]/domains/[domain-name]/config folder. After applying this modification, the server needs to be restarted.

In Sun Application Server 8.2 Enterprise Edition, server.policy files exist in the domain and in each node-agents. Any alterations to configuration files, such as server.policy need to be made in the domain, rather than the node agent. If they are made in the node agent, then they will be overwritten the next time that the server instance is restarted. For making a change to a config file the approach would be:
1. stop the server instances
2. stop the node agent
3. stop the domain
4. change the config file(s) in the domain
5. start the domain
6. start the node agent (The node agent will start the server instances.)

If changes in the domain’s server.policy doesn’ get replicated in the node agents, you can use the ‘touch’ command on the file in the domain and restart the instance. ‘touch’ command updates the timestamp on the file. The node agent uses the timestamp on the file to work out whether it’s newer than in the server instance.

Failing to make changes in the server.policy will cause
java.lang.NoClassDefFoundError (without any detail which library it’s missing)

JCAPS Web Service – Creating Fault Message

1. In your JCD, throw Exception
2. In you BPEL, add “catch all exception” by dragging the icon into your BPEL (see image below)

From Work Screen Caps

3. Click on the “catch”, and then click on “show property sheet” button. Select the appropriate Exception name and output from the select drop down options.

From Work Screen Caps

4. Drag “throw” icon inside your “catch”, and then drag the arrow connecting from your “catch” to your “throw”. Right click on the arrow and select add business rule. (see image below)

From Work Screen Caps

5. Add the appropriate business rule. Below is an example.

From Work Screen Caps

6. Click on “throw” and then click on “show property sheet” button. Select exception name and output from the drop down options.

From Work Screen Caps

7. The important thing is when u check your code, these exist:

From Work Screen Caps

Convert java.util.Date to JCAPS DateTime Object

The only reference that I found for doing this is from here.

My own code to do the reverse:


com.stc.codegen.util.TypeConverter typeConverter = new com.stc.codegen.util.impl.TypeConverterImpl();
java.util.Date now = new java.util.Date();
String textFormatDate = "yyyyMMdd hh:mm";
java.text.SimpleDateFormat defaultDateTimeFormat = new java.text.SimpleDateFormat( textFormatDate );
String nowString = defaultDateTimeFormat.format( now );
com.stc.otd.xsd.datatype.DateTime dateTime = typeConverter.stringToDateTime( nowString, "yyyyMMdd HH:mm", false, "" );
myOtd.setEffectiveDate( dateTime );

Tomahawk datatable disaster

Spent 2 days to figure what went wrong with my t:datatable not displaying the updated list after submitting an action. It keeps on displaying old data (data before any action was performed).

My jsp:

<t:dataTable
preserveDataModel=”false”
preserveRowStates=”false”
binding=”#{oit.dataTable}”
value=”#{oit.tasksInError}”
var=”tie”
styleClass = “resultTable”
cellspacing=”1″ cellpadding=”0″
id=”tieTable”
renderedIfEmpty=”false”>

<t:column headerstyleClass=”resultTableHeader”
styleClass = “resultTablePurpleLight textLeft” >

<h:selectBooleanCheckbox immediate=”true”
rendered=”#{tie.displayCheckbox}”
id=”selectError”
value=”#{tie.checkBoxSelected}”/>

<h:inputHidden id=”errorId” value=”#{tie.errorID}”/>

<f:facet name=”header”>
<h:outputText value=”#{msgs.select}”/>
</f:facet>

</t:column>

</t:dataTable>

After banging my head really hard on the wall (yeah right..), I managed to isolate the bug. It only happens when the list only contain one single item. And after googling around, I found a quick temporary solution!! Hooraaaah~~ I still don’t understand this bug. But the fixed shown in the mailing list is sufficient for now.

The magic part is the 2 lines shown in bold below. Whenever you iterate through a datatable, you need to set row index back to its original value.

My backing bean:

public void errorAction(String action) {
/* Save the current row index. */
int currentRowIndex = dataTable.getRowIndex();

for (int i = 0; i < dataTable.getRowCount(); i++) { dataTable.setRowIndex(i); ... } /* Restore the row index. */ dataTable.setRowIndex(currentRowIndex); }

Note: This application is using Tomahawk 1.1.6, JSF 1.1, running on Sun Application server 8.2.

AAA-旅ダチノウタ

歌手:AAA
作詞:leonn
作曲:コモリタミノル

あの頃胸ねに 描いたように
ちゃんと僕は歩いてきたかな

ふと立ち止まって 振り返ったら
この場所へと続く足跡

無邪気すぎた夢もいつかの涙も
きっと今日この日の旅立ちのために woh…

Just say So long 忘れないよこの場所から
すべてが始まったあの日の事
Just say So long 何も言わず見つめてるよ
想いは言葉にすれば溢れそうで

あの日の自分に 負けないように
ちゃんと僕は歩き出せるかな
終わりじゃなくって 始まりだよって
遠く続く空を見上げた

新しい未来(あした)を選んだ昨日も
全部今ここから想い出に変わる woh…

Just say So long 忘れないよその笑顔を
どんなに離れても一人じゃない
Just say So long きっとここでまた会えるさ
初めて出合った時と同じように

なあ、何年経った!出って笑いあった
楽しいばっかじゃなかったけど
あのままでもよかった、でも
何か正しい!何が間違い
確かめる為 進むよ明日に
゛待って゛なんて言わないよな
立ち止まって暇無いもんな
見ててくれよ、頑張るからさ
思いをノセて Holla back!

背中押してくれたその手の温もり
いつまでも心に歩き続けるよ woh…

Just say So long 忘れないよずっとずっと
季節が巡っても色褪せずに
Just say So long ありがとうじゃまだ足りない
想いを今歌に乗せて届けるよ
Continue reading

いきものがかり – 花は桜 君は美し

歌手:いきものがかり
作詞:水野良樹
作曲:水野良樹

花は桜 君は美し 春のこもれび 君の微笑み
冬が終わり 雪が溶けて 君の心に春が舞い込む

窓をたたく強い雨はまだ続くと ラジオから流れる声が伝えてきます
電話から聞こえた声は泣いていました 忘れたはずの懐かしい声でした

君はまた もう一度 あの頃に戻りたいのでしょうか
春を待つ 蕾のように 僕は今 迷っています

花は桜 君は美し 春のこもれび 君の微笑み
冬が終わり 雪が溶けて 君の心に春が舞い込む

変わらぬ街の景色が 教えるのは 一つだけここに足りないものでした
「いつもの場所」と決めていた駅の前 揺れ動く心が 僕を急がせます

僕はまた もう一度 君の手を握りたいのでしょうか
春を抱く 霞のように 僕は今 揺らいでいます

花は香り 君はうるわし 水面に浮かぶ 光が踊る
風が騒ぎ 街は色めく 僕の心は春に戸惑う

春はまた もう一度 この花を咲かせたいのでしょうか
僕を待つ 君の傘が あの駅に開いています

花は桜 君は美し 春のこもれび 君の微笑み
時に燃える 春の吐息 二人の息が 春に重なる

花は桜 君は美し 春のこもれび 君の微笑み
冬が終わり 雪が溶けて 僕の心に春が舞い込む

Continue reading

アンジェラ・アキ―手紙~拝啓十五の君へ~

my cover song: kayrin – Tegami ~Haikei Juugo no Kimi e~

作詞: アンジェラ・アキ
作曲: アンジェラ・アキ

拝啓
この手紙読んでいるあなたは
どこで何をしているのだろう

十五の僕にには誰にも話せない
悩みの種があるのです

未来の自分に宛てて書く手紙なら
きっと素直に打ち明けられるだろう

いま 負けそうで 泣きそうで
消えてしまいそうな僕は
誰の言葉を信じ歩けばいいの?
ひとつしかないこの胸が何度もばらばらに割れて
苦しい中で 今を生きている

拝啓
ありがとう 十五のあなたに
伝えたい事があるのです

自分とは何でどこへ向かうべきか
問い続ければ見えてくる

荒れた青春の海は厳しいけれど
明日の岸辺へと 夢の船よ進め

今 負けないで 泣かないで
消えてしまいそうな時は
自分の声を信じ歩けばいいの
大人の僕も傷ついて眠れない夜はあるけど
苦くて甘い今を生きている

人生の全てに意味があるから
恐れずにあなたの夢を育てて
Keep on believing

負けそうで 泣きそうで
消えてしまいそうな僕は
誰の言葉を信じ歩けばいいの?

ああ 負けないで 泣かないで
消えてしまいそうな時は
自分の声を信じ歩けばいいの

いつの時代も悲しみを避けては通れないけれど
笑顔を見せて 今を生きていこう
今を生きていこう

拝啓
この手紙読んでいるあなたが
幸せな事を願います

Continue reading

Sudah lama…

sudah lama ga bully mbully…

A: gw nyampe jam 0635 pagi
B: Buset pagi banget .. kok pagi banget seh? Harus pagi yah? Oh iya sih .. karena seinget gue, serangga macam ulat bulu harus masuk ke bagian karantina dulu ..
A: //tendang B balik ke kandang monyet
B: //Me beli pestisida paling ampuh
A: oo monyet biasa emang suka kutuan sih. hati2 keracunan lho kalo dipakein ke diri sendiri..

XD